お金を借りたいそんな時どうすれば良い

給料日前なのにお金をがない!そんな時、皆さんはどうしますか。

 

お金を借りたい!どうしたらいいの??

給料日前まで、お水で我慢する。

パチンコで一儲けを考える。
銀行やクレジットカードのキャッシングを利用する。
消費者金融でお金を借りる。
選択肢はいろいろありますね。

 

銀行やクレジットカードのキャッシングサービス,
消費者金融でお金を借りるのが効率が良いですよね。

 

即日でお金を借りたい時

コンビニエンスストアのATMはクレジットカード、消費者金融のキャッシングも可能になっており、即日にお金を引き出せるようになりました。
手持ちのクレジットカードがあるなら、キャッシングを使うのも一つの方法です。

 

 

キャッシングをするということは、必ず引き出した金額を返済しないといけないということ。
自分の収入の範囲内で確実に払える金額を把握しておく必要があります。
手帳などにキャッシングの金額内容と、返済する日にちを記入して頭の片隅に入れておくと、感覚が麻痺することを防ぐことが出来ます。

 

 

消費者金融で借りたい場合

お金を借りる=消費者金融のイメージは以前から変わりません。
キャッシングについている利息も上限20%と決まっているため、返済に困るというリスクは少なくなりました。
また、金融改革により大手の消費者金融は銀行の傘下に入りクリーンな営業を徹底しているため、借りる側の条件が満たしていれば簡単にお金を借りられます。
初めてお金をを借りたいと考えており、以前に債務整理の経験もなく、収入が安定しているという条件を満たして入れば、プロミス、アコム、モビット、レイクなどの大手の消費者金融から借りることが可能だと言えます。

 

△アコムの場合

 

・WEBからの申し込みで即日の借り入れが可能

 

・自分が借りられる金額がシミュレートで判断できる

 

・会社や家族にバレないように明細はWEB上を選択

 

・審査が早いことと、コンビニエンストアのATMから返済できるため滞納のリスクを回避

 

・30日の無利息期間があるから1回だけの借り入れならアコムがオススメ

 

・日にちをまたぐと手続きが厄介なため時間日余裕を持つと良い

 

審査も早く、30日の無利息期間があるのか高評価が多く、悪い口コミは以前に比べて少なくなりました。

 

△モビットの場合

 

・三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座があれば借り入れができる

 

・WEB完了を使えば家族や会社にバレない

 

・アコムと同じ大手銀行の傘下に入っていることとで信用性が高い

 

・即日ではなくても最短3日以内に借り入れが可能

 

・アコムとは違い返済期日が決まっているため、月末の給料支給の人はキツい

 

・無利息期間がないため、金利が高く感じる

 

モビットのデメリットというと無利息期間がないこと。
返済期日が決まっていること。アコムに比べるとお得感はないけども信用性や安全面に関してはモビットも負けてはいません。

 

△プロミスの場合

 

・WEB申し込みで家族にバレなくて済む

 

・モビット、アコムに比べて年利率4.5%?17.0%と低い

 

・アコムと同じ無利息期間がある

 

・パート収入があれば主婦でも借りられる

 

・提携しているコンビニエンスストアのATMが多い

 

・過去に債務整理しても一定の収入を継続していれば審査が通りやすい

 

・50万円以上から収入証明書が必要なため、高額の借り入れが面倒

 

女性専用のローン「レディースキャッシング」を設けていることと、低金利で無利息期間があるというプロミスは主婦や働く女性の評価が高かったです。

 

△アイフルの場合

 

・1秒で借り入れが可能かシミュレートができる

 

・カードは時間指定ができるため、一人暮らしの人にオススメ

 

・パートや契約、派遣社員でも収入があれば借り入れができる

 

・女性専用ダイアルがあるため、初めて借り入れする女性はオススメ(対応も丁寧で、50万円くらちの借り入れなら30分くらいで審査の結果が分かる早さ

 

・専用の無人機械は借りる限定で返済ができないのが面倒

 

・初心者向けではない

 

アイフルといえば「むじんくん」ですが、デメリットもある模様。
コンビニエンストストアのATMの振り込みは手数料がかかるため、長期の返済はデメリットが多いため、低額かつ早期の返済が良いことと。
アイフルはどちらかというと、初心者より借り入れの経験がある人の利用頻度が高く、返済プランを把握している人ではないと損する可能性が高いかもしれません。

 

お金を借りられるのは安定した収入があることが大前提です!!
パチンコなどのギャンブルで一儲けしよう。ネットで動画配信をして広告収入で返そうというのは危険です。
クレジットカードでも言えますが、キャッシングサービスが「魔法のATM」にならないように一般的な金銭感覚を持ってお金を借りるように心がけましょう。

 

金融機関以外の借り入れ

お金を借りる機関は金融機関だけではありません。
公的な機関で借り入れが可能なこともあるのです。

 

無職だけどお金が借りたい

無職だけど、お金を借りたい。
しかし、銀行や消費者金融会社の借り入れの条件は「一定した収入があること」です。
無職はその条件に満たしていないため、審査で落ちる可能性が高いでしょう。
無職といっても、働いていた間に十分な蓄えがある。もしくは失業保険を貰っているなど一定期間だけの無職の状態。
定年退職をして年金生活に入っている人など、様々です。
タイプ別の無職の人がお金を借りたい時に適した借り入れの方法はあるのか調べてみました。

 

 

 

失業者を支援する制度 「総合支援資金貸付」

 

リーマンショックで多くの失業者を出した2009年に設けられ、失業したことが原因で生活が困難になった人を対象に生活に必要な資金を貸し付けとハローワークなどの職業支援相談をセットにして経済的な自立と生活の立て直しを目的とした制度です。

 

簡単にまとめると

 

  • 国から衣食住は一時期的に国から支援される
  • 期間内にハローワークなどで就職活動をする
  • 貸付機関は原則3ヶ月
  • 住宅入居費の貸付限度額は40万円以内
  • 一時生活再建費の貸付限度額は60万円以内
  • 連帯保証1人
  • 貸付利率 無利子
  • 連帯保証人なし 年1.5%
  • 延滞利子 年10.75%
  • 貸付金の償還

据置期間は6ヶ月以内 終了後10年以内

 

※参考資料:「生活福祉資金 総合支援金のご案内」
http://www.nagoya-shakyo.jp/service/pdf/sougousien.pdf

 

私がみた資料ですと、4人世帯で33万円は貸付金がもらえます。

 

年金受給者

 

国の公的な貸付制度を見てきましたが、今度は年金受給者の借り入れの方法を見ていきましょう。

 

現役時代に年収が高かった人でも老後貧困に陥りやすいと言われており、老後破綻という最悪な結果になりやすいことも記しておきます。

 

お金を借りるということは想定外のリスクが年齢を重ねていくうちに増えていくため、金融会社も年金受給者への融資を渋るところがほとんどです。

 

唯一ハードルが低く設定してあるのが、レイクとみずほ銀行です。
どの条件にもレイクは70歳以下。みずほ銀行カードローンは66歳未満と年齢制限を設けていますので注意してください。

 

年金受給者は無職の部類に入りますが、なるべくは蓄えと年金受給の範囲内で生活できるようにしたいですね。

 

先ほども記しましたが、年齢が高くなるほど想定外のリスクが増えていきます。
突然のリスクに対応できなければ老後破綻は免れません。

 

それでもお金を借りたい時は、公的な制度である「年金担保融資」を使うと、低金利で借り入れが可能です。そちらも検討してみてださい。

 

働いてなくてもお金を借りたいそんな甘い考えで大丈夫?

 

・会社の採用が決まっているが、出社まで日にちがある

 

・退職したばかり、退職金と失業給付金をもらうまでお金が欲しい

 

・全く無職の状態

 

この3つの条件で、お金を借りるとすれば「借りられない」はこの「全く無職の状態」です。

 

2つの項目は大手は難しいけれど中堅の消費者金融の借り入れならなんとか審査が通るかもという状況でしょう。
働いてない状態は、どの金融会社も「返済能力」がないことを理由に審査を落とす可能性があります。

 

働いてなくても、お金が入る人もいる
外で働いてないけど、お金が入ってくる人も少しずつ増えてきました。それが在宅ワーカーという人たちです。
ブログを使って「アフィリエイト」で数万〜数百万を稼ぐ人もいれば、オークションアプリで物販代行をしながら稼いでいる人や
動画サイトで動画を投稿して広告収入を手に入れる人もいます。
そんな人たちが「働いていない」部類に入るかは微妙なところです。いわば個人事業主という部類に入る人たちが、お金を借りたいと金融会社に行く場合は、個人事業主でも比較的審査が通利やすい会社でないと難しいこともあるのだとか。
消費者金融より、本格的に事業的にお金を借りたいと思った場合は、国が支援する制度を使うのも1つの方法だと言えます。
この方法は、ネットビジネスもやってないけどお金を借りたい人は申し訳ありませんが、対象外であることを記しておきます。

 

ネットビジネスをしている人たちのために
外で働かなくとも自宅でパソコンがあればお仕事ができます。アフィリエイトで高額な金額を稼いだ場合に、それを資金に事業を展開するとしたら、無担保かつ金利が2.0%〜3.0%と低く該当する融資を申し込むことが可能なため、国からお金を借りることはそんなに悪い風に考えなくても良いでしょう。

 

事業は考えてないけど、「個人事業主」として白色と青色申告者制度を申し込むことも、収入がある証拠としてお金を金融会社に借りたいときに、「収入証明書」として提出できますので、そちら参考にしてみてください。

 

:無職の扱いが難しくなっている

 

無職=働いてないことを指しますが、お金の借り入れを申し込む時の状況で「働いていない」専業主婦や働く予定があっても今は無職の人の場合は、最悪お金が借りられないかもしれません。

 

外で働いてなくても別の形で働いていることを示すのには、「個人事業主」にであることを示す必要が出てくるでしょう。

 

正統な証拠を金融会社に伝えるためにも必要な情報を掴んで、いざという時のために備えておくことが大切です。

 

 

 

返せる余裕を持って

お金を借りたい!どうしたらいいの??

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お財布にお金がない状態で焦る気持ちを理解できます。

まずはお金を借りる前に、給料日まで何円あれば生活できるか。そして何日までに借りたい金額を返せるかを考えて行動に移しましょう。
心に余裕を持って返せる金額を借りることが大事です!